看護師になるには

看護師になるためには一般的に高校を卒業してから看護の専門学校(3年)か看護短期大学(3年)、または看護大学(4年)へ通った後、看護国家試験を受験し合格すれば看護師になれます。以前は専門学校の卒業生が多くいましたが最近では看護大学を卒業して看護師になる人が目立って増えてきています。看護大学では学生が学べる内容の幅が広く人気を集めてきている代わりに短期大学は徐々に四年制大学へ移行するなどして数を減らしています。

看護師になる方法として、准看護師を経て看護師になる方法もあります。准看護師とは国家試験ではなく都道府県知事による免許を持った看護師で、高校の衛生看護科(3年)または准看護師養成所(2年)を卒業後、准看護師試験に合格すればなることができます。この准看護師から看護師になるためには、改めて看護師学校養成所(2年)で学び、看護師国家試験に合格しなくてはなりません。ただし、准看護師は定義上「医師や看護師の指示の元に動く」となっているために看護師よりも給与が低く、看護師に比べてできることが限られています。しかし実際には准看護師でも看護師とあまり変わらない仕事をしているという実態もあり年々准看護師の数は減ってきています。現在では准看護師の制度をなくす動きもあり、中には准看護師の養成を廃止する県も出てきています。
看護師の仕事内容も様々あるので、どんな診療科に就きたいかで進路を決めると希望の科に行きやすくなるでしょう。

【看護師になるための勉強】

看護師になるためには第一歩として看護大学や看護専門学校に合格しなければなりません。そのためには入試で課される科目がある程度できる必要があります。看護学校のように専門的な学校の入試科目はその学校で学ぶ内容や、将来必要となる素養を測るものとなります。従ってそれらの科目が得意であればひとまずの適性はあると思えます。看護学校には理数系の科目が必須となっていますので、数学や理科よりも地理や歴史といった科目ばかり得意な人はあまり向いていないかもしれません。ちなみに、実際に看護大学や看護専門学校の入試科目は次のようになっています。

<国立看護大学校>

・国語(現代文)
・数学(数Ⅰ・数A)
・理科(化学Ⅰ、生物Ⅰ)
・外国語(英語)

・面接 (二次試験)

<日本赤十字看護大学>

・外国語(英語)
・数学(数Ⅰ・数A)
・理科(化学Ⅰまたは生物Ⅰ)

・国語(現代文)、面接 (二次試験)

<愛知県 総合看護専門学校>

・国語(現代文)
・数学Ⅰ、数学A
・英語

・面接 (二次試験)

<聖マリアンナ医科大学看護専門学校>

・国語(現代文)
・英語
・理科(生物Ⅰまたは化学Ⅰ)

・面接 (二次試験)

(いずれも2014年度一般入試情報から)

このように看護大学ではだいたいが、現代文、数学、理科、英語の四科目、そして専門学校では現代文、英語、数学または理科の三科目が多いようです。中には二科目で受験できる学校や理数系が数学しかない学校もあります。しかしどの学校でも数学は必須なので看護師を目指すのであれば少なくとも数字には強くなければいけないことが分かります。

それから看護系の入試に特徴的なのが二次試験として面接が入ってくることです。面接では志望動機や看護師としての抱負、自分が看護師に向いていると思う点などがよく聞かれます。形式も個人面接だけでなく、集団面接やグループディスカッションを取り入れた学校もあるのである程度のコミュニケーション能力や対人能力などが不可欠となっています。